2016年03月20日

子育ては大変。でも自分のしたい事をしたい!

  28歳で結婚し、すぐに子供を授かり、産んでから一年半。
初めての子育てということもあり、最初はなかなか寝てくれなかったり、ミルクをうまく飲めなかったりでこれからちゃんとやっていけるんだろうか、と心配の毎日。
それから子供も少し成長し、ハイハイやつかまり立ちで何処にでも行き、目を離すとテーブルや棚にぶつかっていたり、ハラハラの毎日。
ようやく歩けるようになると家中荒らしたり、言葉を理解してくるとなんでも「いやー」でイライラの毎日。
『 もうちょっと大きくなってくれれば楽になるはず。』と常に自分に言い聞かせ、日々頑張っています。しかし子育てに奮闘していると家事や掃除が疎かになってしまい、ついつい旦那に甘え反省しています。けれど料理を手間をかけたり旦那の為にも妻としてできる時はやろうと努力をしています。

しかし、ふと1人になってぼーっとしている時にこれでいいのかと考えました。私は日々、子供と旦那の為にしか物事をこなしていなく、自分の為に何かするという事を子供を産んでからは全然してこなかったと感じました。

出産前は好きなハンドメイドをよくしてましたが産んでからは全然出来ずじまい。食事もぱっと済ませたり、時間がないからと化粧もしなかったり、自分自身、全く余裕のない生活を送っていました。自分の好きな事をしている時はあんなに「次は何を作ろう」などワクワクもあったのに今では「明日はちゃんと寝てくれるかな。ご飯は何を作ろうかな」と考えごとばかり。

ある日ふとTVで、子供をもつお母さんが「親として、妻としてももちろんですが私は自分の為にも生きたいんです」と言って、子育てや家事の合間に、料理教室の先生や外国人に日本語を教えたりと、生き生き過ごす映像を目にしました。
私は正直毎日忙しい、忙しいと言って少し空いた時間も有効に使えていなかったような気がして、TVのお母さんとの差を感じました。しかし私も自分の為にも生きたいと思い、今は少しずつですが空いた時間を見つけ、趣味のハンドメイドに没頭中です。
すると気持ちにも余裕ができたのか子供や旦那への接し方もかわり、だんだんと毎日が楽しくなってきました。

今までは狭い範囲での生活でしたが、自分の好きなことをすることでいろんな方との交流も広がり、そこでまたあった人達から子育てのアドバイスをもらったりと今はとても楽しいです。

もっと『 自分の為に』生活を送ってみてはいかがですか。子供の為、親の為、旦那の為、妻の為、もちろんそれも大事ですが、自分自身も大切に^^

broad wimax 評判
posted by fyhieme at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

今季ハマっているテレビドラマ、「エイジハラスメント」

  今季、夏のドラマも続々とスタートしましたが、皆様はどの作品が好きですか?
私は普段テレビを見る事がすごく好きなので、いつもドラマはチェックしてしまいます(笑)。

ここでは私が特に楽しみに見ているドラマ、「エイジハラスメント」をご紹介致します。

??年齢によるハラスメントとは?!女性なら共感できる、武井咲主演ドラマ、「エイジハラスメント」。

女性なら、誰でも共感できる事が多いのでは?と思うドラマです。
主人公、武井咲が演じる、美貌と若さを兼ね備えた新人女性OLが様々な嫌がらせや嫉妬などと戦います。

このドラマは見ていて、胸が痛くなります(笑)。
女性は、若い頃はそれだけで男性にもてはやされる気がします。
どこかそれを自分自身でも気付いていて、このまま歳を重ねる事が怖くなり、周りの目を気にしだしたり。。
そして、今までチヤホヤしていた男性たちの目線も少しずつ変わり、若さだけではやっていけないと焦りだしたりします。

男性は歳を重ねるごとに、仕事での立場も責任が増し、どんどん頼りがいも出てくるのに、女性はなぜ年齢ばかり見られるのだろう、と少し悲しくなりながらも夢中で見てしまいます(笑)。

女性は思えば色々な道があって、早くに結婚をする人もいれば、仕事でキャリアを積んで独身を貫く人もいます。
私から見ればどちらも素敵な人生だな、と思うのですが、この作品を見ていて一番心が痛いのは、経験を積んだ女性社員に対して「痛い」という言葉が使われる事。
男性は「独身貴族」という言葉も使われる中、女性には「痛い」という言葉が使われ、悲しくもあり、若い時間は一瞬で過ぎてしまうんだなぁと改めて思います。

主人公の新人OLは、周りの男性社員にチヤホヤされますが、もっと仕事がしたいにも関わらず、任されるのはビジュアル重視の仕事ばかりや、お茶出し、掃除など。
もちろんそれらも、大切な仕事であり、無くてはならない物だとは思うのですが、思えば男性社員が毎日お茶出しをしている光景って少ないように思います。(中にはあるかと思うのですが。)

男女平等が叫ばれる時代ですが、現状はまだまだそうはいかず、しかしその中で精一杯立ち向かう主人公に元気をもらえるシーンがたくさんあります。

??女の敵は女!?女性同士の嫉妬もチラホラ。

「女の敵は女」という言葉がありますが、このドラマでも女性同士の嫉妬がたくさん出てきます。
美しく、男性社員からも好かれ、仕事もでき、まだまだ未来のある主人公は嫉妬や妬みの天敵に。

また、先輩の女性社員が毎日バッチリメイクに制服も短めのスカート、そして若さを保つサプリメントを飲んでいる姿に、後輩社員がまたまた「痛い」の言葉。

女性は年齢によって、女性同士でも、見た目や立場が比較の対象にされるので、年齢を重ねるって難しいなぁ〜、と思いました。
どこまで自分を出せばいいのか、分からなくなり、個性が無くなってしまうのも寂しいなぁと感じます。

おわりに

ドラマは、まだ前半の段階で話も分かりやすいので、これから初めて見られる方も楽しめるんじゃないかな、と思います。
是非、このドラマを見て明日へのヤル気になればと思います。










他社のスマホ解約違約金をソフトバンクに乗り換えてチャラに
posted by fyhieme at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切な娘とのかけがえのない大切な時間を過ごしています

  もうすぐ一歳になる娘がいます。
妊娠して、仕事を辞めて専業主婦になりました。
専業主婦=楽というイメージがありましたが、子どもがいると結構大変。
たくさん動き回るので、常に目を離せません。

朝は一緒に起きて、パパがお仕事に行くのをお見送りします。
その後ご飯を食べて、家事を始めますが、ここからが毎日戦いです。
少しでも目を離すと、テーブルの上に登ろうとしたり、どこかにぶつけたり、部屋を移動しようとしたり。
子どもがの行動を気にかけながら常に私も行動。
でも私が家事ばかりしているとさびしくなるのか、かまってーと騒ぎ出すので一緒に遊んで、お昼寝。
その間に残りの家事を済ますのですが、起きないように足音や物音を立てないように細心の注意を払います。

子どもが起きたらお昼ご飯。
終わったらお外に遊びに行って、車や自転車に轢かれないようにお外が一番気を使います。
帰ってきたら夜ご飯の準備、そして一緒にお風呂。
パパが帰ってきたら一緒に夜ご飯。
そろそろお眠な子どもですが、パパが帰ってきて嬉しいので、遊びたい。でも眠い…
そんな葛藤もありながら夢の中へ。
旦那さんと一緒にテレビを見てお話ししていると、さびしがりやさんの子どもは起きてきます。
私たちも寝る準備をして三人でおやすみなさい。

こんな平凡な毎日が私の日常です。
でもこんな普通の日が楽しくてすごく幸せだと実感しています。

ひとりでは何もできなかった赤ちゃんだったのに、寝返りをしたと思ったらいつの間にかハイハイを覚えて、私の後を付いてくるようになり。
パパ、ママと呼んでくれたり。
ハイハイをマスターしたと思ったら、つかまり立ちとつたい歩きをはじめて、もう歩けるように!
たった一年なのに、こんなに出来ることがたくさんあるなんて。
毎日小さなことかもしれないけれど、感動や喜びがあって、本当に幸せを与えてもらっていると思います。

これから更に成長していく姿を見るのがとても楽しみで、少し切なくて、複雑な思いながらこんな平凡な毎日を楽しんでいます。

首や背中の色素沈着(アトピー跡)をレーザー治療以外できれいに
posted by fyhieme at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。